有機物ならほとんど処理できるストーンクリーン

エコを推進するおすすめ環境ビジネス

世界で議論される地球温暖化などの問題を
技術、サービスで解決する会社紹介

環境にやさしい次世代型業務用生ゴミ処理機「ストーンクリーン」

新たな分解促進方式による次世代型生ゴミ処理の誕生にあたり、その技術を用いた業務用生ゴミ処理機の普及促進のために、実機によるデモンストレーションを開始し注目を集めています。

株式会社アイシンでは、市場の課題に真剣に取り組み普及活動を行うことで社会貢献できるものと確信しています。

環境にやさしいストーンクリーンとは

概観写真

母剤(特許出願済※)に生ゴミを入れ、60度から70度の熱攪拌処理し、生ゴミを消滅させるのが「ストーンクリーン機」です。

  • 生ゴミを分解する上で必要な酵素の発生を母剤という新たな触媒を開発したことで、常に安定した分解処理環境を維持することが可能
  • 母剤の中に含まれる数種の鉱石(ストーン)が引き起こさせる強力な遠赤外線及び分子の共振共鳴運動によるエネルギーの発生を利用
  • 空気中や生ゴミ自体に存在しているバクテリア(バイオ)の働きも加算

このように2乗、3乗の分解を促進が働くことで、かなり強い吸着力やイオン交換力、磁力線等によって有機反応を促進し、短時間で有機物を分解消滅し、水、微量ガスと無機物にします。

※母剤は株式会社岩本の特許出願済商品です。
※母剤は松のチップと数種の鉱石で構成され、においや形は、おが屑のようなイメージです。

仕組み

特徴

◆すごい処理能力
普通の生ゴミなら、1~12時間で処理します。

◆手間なし簡単
投入するだけ。投入口も低く、楽々作業ができます。

◆やりたい時にいつでもできる
随時処理が可能なので、ゴミ置き場が少なくてすみます。気になるゴミ置き場の臭気がなくなり、保管場所のデッドスペースも有効活用できます。

◆広い守備範囲で有機物ならほとんど処理
貝殻・骨類・硬い繊維質の茎葉・種子類・紙類。全ての残飯・野菜類・果実類・魚類・肉類・その他塩分や油分の多いもの・水分の多いもの・乾燥したものも処理します。

◆ゴミがでるその場で処理
搬費・置き場・労働力等のコスト削減。食品リサイクル法※の対策にも有効。

処理できるもの

  ・魚類、肉類、野菜類、果実類、麺類、加工食品、残飯、味噌、蒟蒻、豆腐等
  ・玉葱の表皮、メロンの皮、大根、笹の葉、枝豆の皮、落花生など、繊維質の硬いもの
  ・紙類、割り箸、楊枝、とうもろこし
  ・貝類、骨類(特に牛骨は要粉砕)、種子類、動物の死骸
  ・糞尿、有機汚泥

  ※金属類、鉱物、ビニール類、ガラス・陶磁器、無機汚泥は処理できません。

ストーンクリーンが効果を発揮する業界

  • 農畜水産加工業
  • ホテル、旅館
  • レストラン、社員食堂
  • 学校
  • 老人ホーム
  • 病院(ねずみ・ラットの処理)
  • 魚屋、肉屋
  • ケーキ屋、パン屋
  • スーパー、コンビニ
  • 集合住宅
  • ゴルフ場、テーマパーク
  • その他生ゴミが発生する所

デモンストレーション実施中

ストーンクリーン実演

「なぜ、生ゴミが全部なくなるの?」「なぜそんなに早く処理できるの?」「それって本当なの?」などの質問が圧倒的に多く、その原理や技術を説明するよりも、その真実を目で見てもらうほうが早いとの考えのもと、この次世代型生ゴミ処理機「ストーンクリーン」をトラックに積載し、実演を行っています。

お客様の処理されたいものを実際に処理して下さい!

一緒に環境にやさしい事業をはじめませんか?

四国地区販売代理店様を募集中です。 
地域別制で、担当エリアのメンテナンス巡回など可能な方が対象です。
エリア密着で顧客満足度の向上を目指しています。

会社名 株式会社 アイシン
サイト名 ストーンクリーンは環境にやさしい消滅型の次世代型業務用生ゴミ処理機 手間なし簡単、ゴミ箱感覚。食品リサイクル法の対策
ホームページ http://stoneclean.main.jp/
所在地 〒791-1114
愛媛県松山市井門町556-1
TEL 089-957-8600
FAX 089-957-8694
営業時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝祭日
 
都道府県:
カテゴリー: 食品関連

※ここに掲載されている文章、写真などの著作権は、株式会社 アイシンに帰属します。

エコのすすめ HOME » 廃棄物処理 » 食品関連 » 環境にやさしい次世代型業務用生ゴミ処理機「ストーンクリーン」
このページのトップへ